世界鉄鋼協会

WSAWorld Steel Association / ワールドスチール

世界鉄鋼協会とは、鉄鋼業の国際的な業界団体のこと。約170の鉄鋼メーカーや各国の鉄鋼業界団体が加盟している。世界の鉄鋼メーカーの上位20社のうち19社が加盟しており、全会員メーカーで世界の鉄鋼の約85%を生産している。本部はベルギーのブリュッセルにあり、第二事務所が中国の北京にある。

鉄鋼業界に影響を与えるあらゆる問題に取り組み、調査や議論、提言を行う。具体的には、世界の鉄鋼需要の見通し(短観)を発表したり、CO2削減施策の実施、自動車の軽量化と安全性向上を実現する基本仕様の選定などを行う。また、従業員の安全で衛生的な労働環境の実現にも取り組む。

1967年に国際鉄鋼連盟(IISI)として設立された。当初は、欧州9カ国と米国、日本の21団体によって構成されていたが、その後は会員を増やし、現在では世界の主要7地域をカバーしている。2008年に世界鉄鋼協会(World Steel Association)に改称した。