事業ポートフォリオ

事業ポートフォリオとは、企業が多角化戦略を取った際のさまざまな事業群の組み合わせのこと。ポートフォリオはもともと有価証券一覧のことを指す言葉で、安定株と成長株を組み合わせることで効果的な投資を目指すというものである。企業による事業への進出も証券と同様に事業ポートフォリオを考慮しながら、適切な事業への進出を選択する。

事業ポートフォリオは、事業ごとの個別決定とポートフォリオ全体の決定の二つのレベル決定によって構成される。前者は事業の選択と集中のことであり、そもそもどの事業に進出し、どの事業に経営資源を集中すべきかを決定することで、後者は全体の特徴やバランス、方向性を対象にして全体としてどこを目指すか、事業間の関連性をどうするかなどを決定する。

事業ポートフォリオ全体の方向性を決定してから個別事業の選択と集中を検討するのが理想的であるが、実際には個別事業の決定を積み重ね、事後的に事業ポートフォリオを形づくる方が多い。