仕掛品

仕掛品とは、材料から製品になる過程の中間的製品で、かつ、そのままでは販売できる状態ではないもののこと。勘定科目で用いられる流動資産の部の仕訳の一つで、製造業において会計年度中に製造を開始し、年度中に製品として仕上がらなかった場合に計上される。生産ライン上の製品在庫や、加工途中の未完成在庫品などがこれにあたる。そのまま販売できる状態である中間的製品のことは半製品という勘定科目になり、区別される。ただし、仕掛品と半製品との区別がつきにくいことも多く、あえて製品と仕掛品とに大別してしまうことも多い。

仕掛品を計上する際、製品原価に製品までの完成度を掛けて算出する。建設業においての建設途中の状態については未成工事支出金勘定という科目を使用し、また、自らが使用する建物や設備の場合には建設仮勘定の勘定科目を使用する。