会社計算規則

会社計算規則とは、会社の計算に関する事項を定めた法務省令による規則のこと。企業の会計帳簿、計算書類、株主資本、分配可能額に関する規定をしている。会社法委任にもとづいて設けられており、会社の計算に関して設ける分量が極めて多く、技術的、専門的な内容を多く含むため、会社法から独立している。

主な規定項目は、会計帳簿の規定では資産および負債の評価、計算書類の規定では、計算書類の内容、計算書類の表示、計算書類の監査、計算書類の株主への提供、計算書類の公告、株主資本の規定では、資本金等の額の増減、組織再編に際しての株主資本の額、分配可能額の規定では分配可能額の算定に関する規定がそれぞれなされている。