会社設立

会社設立とは、会社が商法上の設立登記を行い、法人組織としてスタートすること。ちなみに創業とは、事業を開始した時期をさす。会社が組織として運営されているかは関係なく、業務が開始された時期が創業にあたるため、組織の基盤となるような事業を始めた時期といえる。創業と設立の時期は異なることがある。

また会社を設立する際、従来は最低資本金制度と呼ばれる資本金の規制があったため、株式会社を設立する際には1,000万円、有限会社を設立する際には300万円の資本金がそれぞれ必要とされていた。しかし、2006年5月に施行された会社法では、最低資本金制度が撤廃され、資本金1円から株式会社の設立が可能となった。ただし資本金が1円でも、定款認証手数料、登録免許税、謄本等取得費用、事務手続報酬などが必要とされ、株式会社設立には30万円前後は必要になる。

また、会社法では出資者全員が有限責任を持つ社員だけで構成される合同会社(LLC)の設立が認められるようになっている。