保証人

保証人とは、ある人の身元や債務などを保証する契約をした人。資金の融資などでよく求められる。

保証は貸主と保証人との間の契約であり、借主と保証人との間の契約ではない。また保証人は、債務者が自己破産したり、夜逃げするなど返済を免責された場合に、その債務者に代わって借金を返済することを約束する。保証の範囲は、他にもう一人保証人がいれば、半分になる。債権者は、債務者の返済が滞ると、まず債務者本人に請求しなければならない。その手順が踏まれていない場合には、先に債務者本人に請求することと、自分の財産よりも先に債務者の財産を強制執行するように主張することができる。これらはそれぞれ「催告の抗弁権」「検索の抗弁権」と呼ばれており、連帯保証人には認められていない。