保証金

保証金とは、何か契約を交わす際に、一方がもう一方に対して債務保証するために支払うお金のこと。不動産賃貸の場合では、不動産の所有者である賃貸人に預ける保証金のことをいう。不動産賃貸借契約では、賃貸人に何かあったときのために敷金や保証金を預けておくのが一般的となっている。国民金融公庫の融資により建てられた物件や、関西の賃貸借契約では保証金という名称で呼ばれるが、全国的には一般の賃貸借契約では礼金と呼ばれている。