個人事業主

【 自営業 】

個人事業主とは、個人で仕事をしている事業者のこと。事業内容としては、法の制限がある銀行業などをのぞき、ほぼ全ての事業を行うことができる。

年間20万円以上の副収入があった個人は確定申告税金を納めなければならないが、個人事業主として開業することで、確定申告の方法の一つである青色申告による節税が可能にな る。青色申告とは、簡易的な申告である白色申告に対し、税金の優遇制度などのメリットがあるが、記帳や確定申告作業の義務が発生するデメリットもある。また、1度、個人事業主になると廃業しない限り、以降の収入が年間20万円を下回っても毎年確定申告をする義務が生じる。

個人事業主は、年間最大65万円の税所得控除や経費の控除、赤字の損益通算が3年間の繰越になるなどのメリットがある。年間最大65万円の税所得控除とは、税額の計算方法により、年間最大65万円までの利益に関しては、税金がかからないことである。また、経費の控除とは、事業にかかった費用を経費として計上できることで、より多くの費用を経費として計上すれば税金が減る。赤字の場合は、ほかの収入との相殺が可能になるほか、さらに残った赤字の3年間の繰越が認められる。