借り換えローン

借り換えローンとは、複数のローン会社からの借り入れを、ひとつにまとめて借り換えをするローンのこと。まとめローン。または、現在住宅ローンを組んでいる会社とは別の金融機関から資金を借りて、現在の住宅ローンを返済し、条件の異なる別の住宅ローンに乗り換えることを指す。

債務を複数の会社から1社にまとめて借り換えることで、金利を下げたり手数料を減らしたりでき、ローンの合計返済額を減らすことが可能となる。借り換えローンを組んで融資を受けた場合、借り換える前に利用していた貸金業者に返済したあとは、その貸金業者は利用できなくなる。また、現在複数の借り入れがあり、その中に低金利の商品がある場合は、新規貸金業者でのまとめローンのメリットは少なくなる。

住宅ローンの借り換えは、近年、公的融資は縮小傾向にあるが、民間融資は豊富になり、金利などの種類も様々にある。特に住宅ローンの民間融資を大きく変えたのには、ネットバンクの登場が関与しているといえる。

住宅の借り換えローンには数十万円の手数料がかかるため、一般的に住宅ローンの借り換えは、金利を1%以上下げることができ、返済期間がまだ10年以上残っている状態で、借り入れ元本が1000万円以上の場合がメリットを得やすいとされている。審査は車のローンがないか、という条件が設けられるなど、貸金業者によって異なる。