償却限度額

償却限度額とは、会計上、減価償却額を損金として算入できる限度額のこと。企業が減価償却費として損金経理した金額は、無制限には損金として認められておらず、事業年度ごとに償却額に限度がある。

定額法定率法などの償却法ごとに償却減額の算出式が定められており、各算出式に従って出した金額を減価償却費として損金に計上することになる。