先発優位性

【 先発者優位 】 ファーストムーバーアドバンテージ

先発優位性とは、ある特定市場へ最初に参入したブランドの方が、後発のブランドよりも大きな利益や市場シェアを獲得できること。

先発ブランドの優位性としては、第一に消費者の心の中に参入障壁を形成できる点が挙げられる。最初に参入したことで、その製品カテゴリーの代名詞として認識されやすくなるためである。

第二には、経験効果により有利なコスト競争が可能となる点がある。いち早く市場へ参入することでより多くの知識と経験を蓄えられるからである。

第三には、企業側からみてうま味のある市場を獲得できる点がある。先発ブランドは、新製品の受け入れに関する抵抗がなく、価格に対してもさほど敏感でない、いわゆるイノベーター層や初期採用者層へと真っ先に浸透することができるからである。

また同様に、スイッチングコストの高いものや、特許などの制度上で優位があるもの、最初に市場へ参入することでデファクトスタンダードを取りやすいものなどでも、先発ブランドの優位性が効きやすいといえる。