公的資金

公的資金とは、政府が民間金融機関や企業に注入する資金のこと。国債を発行や国民の税金から得られる資金。対象の企業が発行した株式を買い取る形で注入する。

不況等の影響で経営状態が悪化した金融機関、企業、特に第三セクターが対象となることが多い。特に金融機関では貸付先の倒産が頻発すると貸倒引当金の取り崩しにより、資本金を取り崩す事態が発生する。そうして悪化した経営状態を安定化させるために公的資金注入が不可欠となる。

公的資金は注入された企業が安定を取り戻した後、政府へと返還される。しかしそれにも関らず破綻へと向かってしまう危険性もあるため、公的資金の注入には賛否両論となることが多い。