再保険

reassurance

再保険とは、再保険とは災害などによる巨額の支払いに備えて、保険会社が加入する保険である。保険会社は通常は保険料を徴収することによって有事の際に保険金を支払う。しかし、案件が大きい場合やテロ・自然災害などにより巨額の保険金を支払う可能性がある場合などには、1つの保険会社で負担するにはリスクが大きすぎる。このようなケースでは当該保険会社が引き受けた保険金額の一部を国内外の他の保険会社に負担させることによりリスクを分散・均一化させるのである。このように保険金支払い額を分担する再保険により、保険金の支払いが集中した保険会社が破綻する事態を防止することができる。一方で、2001年9月11日のテロ事件の際には、再保険取引によって大きな損失を計上する結果となり、それが発端で破綻に追い込まれた日本の保険会社もあり、リスクが皆無な保険であるというわけではない。

保険会社同士で保険のリスクを分配し合う方法に加え、イギリスのロイズ保険組合など再保険を専門とする保険会社が存在する。日本でも損害保険各社が共同で出資・設立したトーア再保険会社がある。これらの再保険会社はテロや自然災害の発生により年によって収益にブレが生じるため、長期的に考えて収益が実現できるような経営が必要である。