前期損益修正益

前期損益修正益とは、企業会計上、損益計算書で使用される勘定科目の、特別利益の部の仕訳のひとつ。過年度に属する、費用・収益の訂正により、当期に利益として認識されたものを前期損益修正益の勘定科目へ計上する。金額的に小額で重要性の無いものは営業外収入の雑収入の勘定科目を使用することもでき、前期損益修正益との区分は難しいことが多々あるので要注意。売上の計上漏れや減価償却が過大であった、また、棚卸資産の評価額修正益など、前期以前の決算数値に誤りがみつかった場合に計上される。計上方法の例としては、前期末の商品の棚卸高が実際の金額より100,000円過少であることがわかった場合、左側の借方には商品 として100,000円を計上し、右側の貸方には前期損益修正益として100,000円を計上する。