剰余金

剰余金とは、企業会計上で、会社の純資産のうち資本金と資本準備金以外の部分のこと。剰余金は資本剰余金利益剰余金合計ではない点に注意が必要。資本剰余金は資本準備金とその他資本剰余金、利益剰余金は利益準備金とその他利益剰余金であり、それぞれ準備金を含んで構成されたものであるため、剰余金はその他資本剰余金とその他利益剰余金の合計となる。

株式会社は株主に配当として、剰余金を配当することができる。剰余金を配当する場合、その配当の額の10分の1を資本準備金または利益準備金として積立計上しなければならない。