加重平均

加重平均とは、値を単純に平均するのではなく、値の重みを加味して平均すること。重みは個数と言い換えられる。値A、B、Cがあり、それぞれの重みがx、y、zであったとき加重平均の算出式は、

(xA+yB+zC)÷(x+y+z)

となり、

例えば40円の物が5個、50円の物が6個、60円の物が9個あるとき、加重平均した値は、

(5×40+6×50+9×60)÷(5+6+9)=52

というように算出される。