劣後株式

【 劣後株 】 後配株式 / 後配株

劣後株式とは、剰余金配当、残余財産の分配などが普通株よりも優先度が後になる株式のこと。投資家にとっては不利な株式となっており、既存株主の利益をなるべく損なわずに株式を発行したい時などに発行される。経営者発起人に対して発行されたり、政府が特殊法人や公共事業会社の株式を取得する際に発行される傾向にある。

また、劣後株式は種類株式のひとつであり、種類株主に損害を及ぼすおそれがある場合には種類株主総会が実施される。