勤怠管理

勤怠管理とは、企業の社員による出勤、退勤、欠勤などの状況を把握し、勤務時間を守っているかを管理すること。タイムカードを用いて出勤時刻や退勤時刻を記録するほか、自己申告制を取る企業もある。

勤怠管理により、社員の出勤状況を把握するだけでなく、どれだけ残業したのかを見ることもでき、残業代を計算する際や、年休の消化状況を管理する際にも、勤怠管理の記録が用いられる。

近年では、タイムカードの代わりに勤怠管理システムを導入する企業もあり、個人を識別するICカードや指静脈を利用して社員の出勤、退勤を記録し、残業代を含めた給与計算を自動的に実施している。また、インターネットのクラウドを利用し、離れた場所にある支社や工場などの勤怠管理も本社で一括してすることも可能となっている。