原価計算

cost accounting

原価計算とは、製品やサービスを生み出すのにいくら原価が費やされたかを、発生場所や製品生産あるいはサービスごとに集計する手続きを原価計算という。原価計算の目的は財務会計目的と管理会計目的に分けられる。財務会計目的は、財務諸表を作成するために必要な製品単位原価というデータを提供することである。一方管理会計目的は、原価を低くするための管理活動に必要なデータを提供すること、目標とする利益を獲得するための管理活動に必要なデータを提供すること、経営者の意思決定に必要な原価数値を計算し提供することである。原価計算の指針として原価計算基準が公開されている。原価計算によって求められる製品の原価は費目別計算、部門別計算、製品別計算の3段階の計算手続きを経て算出される。原価計算の種類には実際原価計算、標準原価計算、直接原価計算の3つがある。