取得条項付株式

取得条項付株式とは、企業が株主の同意を得ずに強制的に株を取得できるという条項が設けられた株式のこと。株主から株を取得する際には一定の事由が必要となり、株式の公開や新株の発行、企業が定めた日など、取得の事由が定款において定められる。

取得の際の対価としては、金銭や社債新株予約権新株予約権付社債、他の種類株式が交付され、対価もあらかじめ定款で決めておく必要がある。他の種類株式で交付する場合は、「議決権制限株式」を「普通株式」に転換したり、「普通株式」を「議決権制限株式」に転換するといった種類の変更も可能。

なお、議決権制限株式とは、株主総会において議決権を行使できない株式のことで、すでに発行している普通株式を議決権制限株式や取得条項付株式にする場合は、株主全員の同意が必要となる。