口先介入

口先介入とは、政府高官が為替相場の実質的な介入を行わずに、発言だけで介入すること。急激な為替の乱高下は企業の経営悪化を招き、経済に影響を及ぼすため、中央銀行が円相場を安定させるために実施する。例えば円が高すぎることに懸念を示したり、為替介入を行う事を示唆するような発言をする。市場関係者は政府高官の発言に注目しているため、影響を与えることはできるが、必ずしも思惑通り動かせるわけではない。

ちなみに、実際に資金を使って為替市場に介入することを為替介入という。