含み益

【 評価益 】

含み益とは、所有している資産の取得価額よりも、時価が上回っている状態のこと。主に有価証券など、時価が上下する資産に対して用いられることば。

例えば100万円で買った株式の時価が130万円になったときは30万円が評価益となる。売却をする前で、未実現の利益でも決算時には有価証券評価益として損益計算書に計上する必要がある。

会計以外でも、株や為替の取引で取得価額よりも現在値が下回った場合に用いられることばとなっている。