固定負債

固定負債とは、貸借対照表における負債の部の1つで、負債から流動負債(短期間内に支払期限がくる負債)を除いた勘定科目。支払期限が、1年以上経過した後に到来する負債のこと。

具体的には社債転換社債、返済期限が1年以上の長期借入金、1年以上先に支払われる予定の退職給与引当金(従業員への退職一時金や、退職年金のための引当金)などがある。

このため貸借対照表における「負債」は、上記の「固定負債」と前述の「流動負債」の2つに分類される。ちなみに流動負債とは具体的に買掛金支払手形未払金、1年以内に返済する短期借入金などを指す。