固定資産売却損

固定資産売却損とは、企業会計上、損益計算書で使用される勘定科目の、特別損失の部の仕訳のひとつ。営業上不要になり、土地、建物、備品や機械設備などの固定資産を売却したときに発生する、差額の損失を固定資産売却損の勘定科目へ計上する。帳簿価額(現在価額)より売却した価格が高いときは、その差額が売却益となるため、特別利益の部の固定資産売却益の勘定科目へ計上することになる。計上方法の例としては、事業用に使用していた取得価額300万円の車が31万5千円(内消費税1万5千円)で売却でき、普通預金へ振り込まれた場合で、売却前の減価償却累計額が250万円だった場合、左側の借方には普通預金31万5千円と減価償却累計額250万円、固定資産売却損20万円の3項目を計上し、右側の貸方には車両運搬具300万円と、仮受消費税等1万5千円の2項目を計上する。