固定資産税

固定資産税とは、土地、家屋、償却資産に対して課される地方税の一つ。年に一度、1月1日時点で各市町村の固定資産課税台帳または登記簿に土地、家屋、償却資産の所有者として記されている個人、法人に課される。償却資産とは事業に用いられる資産のことで、構築物、機械、工具、器具及び備品など。固定資産税は各市町村が課税するものだが、東京23区は特別区とされ東京都が課税することになっている。

総務省の外郭団体である財団法人資産評価システム研究センターが設定した固定資産評価基準をもとに、各市町村が固定資産税評価額を算出する。この評価額が固定資産課税台帳に記載されており、3年に1回見直しが行われる。

固定資産税は固定資産評価額の1.4%。ただし、住宅用敷地については固定資産税評価額が面積に応じて軽減できる。200平方メートル以下の住宅用敷地は1/6、200平方メートル超は1/3。また、新築住宅についても期間限定で半額免除される。