在庫調整

在庫調整とは、企業のもつ在庫を出荷に見合った数量に近づけるため、生産を縮小したり在庫を安値で処分すること。実際は、在庫を減らす方向に行うことが多い。雇用や賃金を抑えることになるため、景気の悪化につながる可能性もあるが、在庫調整が進むと、その企業にとっては先行きの生産増加や企業業績の回復が見込める。最近では、店舗で商品を販売するたびに商品の販売情報を記録し在庫管理をすることができるPOS(販売時点情報管理)システムなど、情報技術を駆使した在庫管理の方法も発達し、企業は製品の売れ行きなどをすばやく見極め、ただちに在庫を調整することが可能になった。