地政学的リスク

geopolitical risk

地政学的リスクとは、ある特定の地域が抱える政治的・軍事的な緊張の高まりが、地理的な位置関係により、その特定地域の経済、または世界経済全体の先行きを不透明にするリスクのこと。

地政学的リスクが高まれば、地域紛争やテロへの懸念などにより、原油価格など商品市況の高騰、為替通貨の乱高下を招き、企業の投資活動や個人の消費者心理に悪影響を与える可能性がある。

2005年、米連邦準備理事会のグリーンスパン議長が、この地政学的リスクという言葉を使って以来、連日のようにニュースの中で利用されるようになった。ここで言及された地政学的リスクとは、米国のイラク攻撃により世界的規模で景気が悪化するリスクを指している。米国のイラク攻撃により原油価格が高騰し、これが金利上昇に繋がり、景気が更に悪化する可能性がでてきた。しかも、世界中のほとんどの国が中東の原油に依存しているから、影響は世界的規模ということになる。米国では、景気回復が遅れる中、低金利に支えられ数少ない景気の牽引役となってきた住宅建設と自動車販売が、金利上昇により失速し、米国の景気回復が更に遅れると懸念されている。

イラク情勢だけが地政学的リスクではなく、北朝鮮問題やアジア各国に見られるテロや紛争など、今後その影響が増大しそうな問題が山積しており、暫くの間、地政学的リスクが世界経済、日本経済、そして金融市場にとって最大の懸念といわれている。