基礎控除

基礎控除とは、課税所得金額を算定する際、収入のあるすべての人に適用される所得控除のこと。また、その控除金額のこと。他の控除とは違い、適用条件は必要なく無条件で認められ、総所得金額から一律に一定の金額が控除される。

自営業や会社員、アルバイトなど、いずれの場合でも、所得税について38万円、住民税について33万円が所得金額から控除される。課税所得は、収入-(必要経費+所得控除)となり、例えば、年間収入が103万円の場合、年収に応じて税法で定められている給与所得控除額は65万円であるため、さらに基礎控除を差し引いて、103万円+(65万円+38万円)=0円となり、課税所得はなしということになる。