増資

増資とは、会社が資本金を増やすこと。設備投資や運転資金の確保のために行われることが多い。投資家からの資金で新株を発行する方法を有償増資、会社の資金を振り替えて新株を発行する方法を無償増資という。有償増資には規定の対象者に向けた割り当て募集によるものと、不特定多数の一般投資家を対象とする公募によるものがある。

前者には、新株引受権を株主に与える株主割り当て増資や、縁故者に新株引受権を与える第三者割り当て増資があり、第三者割り当て増資には発行条件を含めて株主総会特別決議によって決定される必要がある。後者は公募増資とよばれ、時価発行増資、額面発行増資、中間発行増資などがある。

公募増資には資金を広く一般投資家から集めることができるほかにも、同時に株主層の拡大や株式の流通が増加するなどのメリットがあり、また発行条件がすべて均等であることや、発行価格が著しく不公平になってはいけないという商法規定がある。有償増資と無償増資を合わせた形式の増資を「抱き合わせ増資」という。