売掛債権

売掛債権とは、売上として得た売掛金受取手形など、商品を売ることで生じた債権のこと。未収入金と呼ぶこともできる。

売掛金と受取手形は将来現金を受け取る約束である点で同様のものだが、売掛金は納品書受領書などをもとに一定期間ごとに請求するものであるのに対し、受取手形は手形という証券を振り出すため、より法的な強制力が強くなるといえる。受取手形には約束手形為替手形の2種類がある。どちらも支払期日があり、期日までに銀行口座などを通じて支払うことが約束されている。