変動費

変動費とは、企業の操業度に比例するように増減する費用のこと。言い換えれば、売上高の増減にともなって増加したり減少したりする費用のこと。具体的には、材料費や販売費パートアルバイトなどの人件費が挙げられる。市況の変動が激しい業種においては、原価における変動費の割合を高めることで、リスクを低下させることができる。なお、原価を固定費と変動費に分解することで、売上高に応じて得ることのできる利益のシミュレーションを行うことができる。通常、財務会計では全部原価計算に基づいて原価計算が行われるため、財務諸表上では原価が固定費と変動費に分かれて現れることはない。しかし、このような経営管理上のメリットのため、製造業では原価を固定費と変動費に分けて計算する直接原価計算が内部管理上取られることがある。