多国籍企業

多国籍企業とは、複数の国に拠点を持っている企業のこと。労働力や原材料などコスト面で有利な場所に工場を設置したり、製品が高い価格で売れる場所に販売拠点を置いたりといった理由から、拠点を複数国に置く。

経営については、各拠点に経営権を持たせる場合と、本社が全ての意思決定をする場合があり、企業により異なっている。日本の場合、特に規模の大きい製造業はほぼ多国籍企業となっている。

多国籍企業は、世界経済に境界をなくし、世界経済の相互依存の強化や、技術の向上に寄与する一方で、為替レート変動を利用した投機タックスヘイブンによる脱税につながることもある。