委任契約

【 委任 】

委任契約とは、一定の行為の遂行を目的とした契約のこと。依頼された者が自らの裁量で業務を遂行することに責任を負う。また、受託者側の地位、職業などに相応した、客観的に期待される水準の責任を果たす義務である善管注意義務を果たしていることが問われる。委任契約の例として弁護士への委任や、不動産媒介契約がある。なお、業務の完成を条件に報酬が支払われる契約である請負契約とは区別される。