寡占

寡占とは、ある財の生産者が市場に少数しかおらず、その少数の生産者が市場を占めていること。また、少数ではなく一者のみである場合を独占という。例えば日本では、ビール市場が寡占状態にあるといえる。独占や寡占の状態にある市場は不完全競争の状態にあり、売り手側に価格支配力がある。

また、売り手の数ではなく、買い手が少数しかない状況を買い手寡占と呼ぶ。例えばパソコンなどで用いられるパーツなどは、パソコンメーカーによる買い手寡占という状態になる。

独占禁止法では、寡占企業同士が共謀して価格を一定以下に下げないカルテルという行為を禁じている。