差別価格

差別価格とは、安くしか買わない人には安く売り、高く買う人には高く売るということ。価格に敏感な層には値引きをして売り、そうでない顧客には高く売る、顧客の支払い能力に応じたプライシングである。消費者が自ら選択することができる。また、価格に敏感でない顧客には、商品以外のサービスを厚くして顧客満足度を維持、向上させることも必要である。

例えば映画の料金でいえば、公開と同時に迫力ある映像でみることができる映画館だと一人1800円。映画館は高いと思うがみたい人は、レンタルビデオ店で400円でレンタルし、同じ内容のものをみることができる。さらに、興味はあるが、支払うほどでもない場合は、テレビで放送するのを待って0円でもみることができる。