差別化

【 差別化戦略 】

差別化とは、他では真似の出来ない独自の製品をつくることで、競合商品と比べて優位に立つこと。米国の経営学者であるマイケルポーターが提唱した競争戦略を実現する3つの基本戦略のひとつ。

製品を差別化するには品質、デザイン、商品配送、アフターサービスなどに、サービスを差別化するには信頼性、専門的知識、利便性などに独創性を持たせることで実現する。競合他社の単純な模倣では差別化できないほか、競合他社が簡単に真似できてしまうものでも差別化は難しく、独特の価値が大きいものほど差別化が成功する傾向にある。また、あらゆる競合他社がやっていることをあえてやらないことで差別化するという方法もある。

差別化は独創性を盛り込むコストがかかるため、基本戦略のひとつであるコストリーダーシップと互いに相反しているとされている。しかし低コストで他社では真似のできない品質の製品をつくることで差別化をはかるという手法もあり、株式会社ユニクロの製品はコストリーダーシップと差別化を同時に実現しているといえる。