差金決済

差金決済とは、証券会社からの貸付代金や売付株券の貸付を決済する方法(弁済)のひとつ。定められた一定期間内に、反対売買による差金の受払いを行う。通常、株式の売買をした場合には、取引を行った日を入れて4営業日目に現金と株式の受渡しを行う。同じ日に、同一銘柄を売り買いした場合にも、それぞれに決済する必要がある。これを現物決済といい、現提(現渡し)や現引の方法がある。差金決済は、有価証券の受渡しを行わずに反対売買の差額のみで決済することで、手元に商品や総代金がなくても一定の取引証拠金を商品取引員に預託するだけで取引ができる。例えば、一日のうちにある株を50万円で買って51万円で売った場合、差額の1万円だけ受け渡すこと。株式の取引では現物決済が原則のため、先物取引を除いて差金決済は法律で禁じられている。例でいえば、取引を行った日を入れて4営業日目の決済日に50万円をきっちり支払って、51万円を受け取ることになる。ただし、異なる銘柄で売買を繰り返すことは、差金決済に該当しないと解釈されることになっている。