市場ポジショニング

market positioning

市場ポジショニングとは、企業が標的とした市場セグメント内で、競合相手の戦略などを検討したうえで、自社製品、自社ブランドが優位性を発揮することを狙い、戦略的にどのような位置づけをとるかを決めること。上記のように、ポジショニングのレベルとしては製品レベルとブランドレベルに区別できる。既存のブランドのポジションを製品の特性に応じて分析、比較し、さらに消費者の嗜好を吟味したうえで、競争相手が少なく消費者の嗜好に合致したポジションを狙うのが一般的な方法である。そのため特定市場内での独自性と消費者から見た重要性が求められる。この切り口が悪いとポジショニングが希薄になり、焦点があっていないとポジショニングが必要以上に狭くなり、一貫性がない場合は消費者のみならず企業にとっても混乱したポジショニングに陥ってしまう。その一方で既存製品やブランドがポジショニングを変更することで苦境を脱することも多くある。また複数のブランドを保有する企業の場合には、競合他社のみならず自社ブランドでのぶつかり合いを避けるためのポジショニングが求められる。