年金保険

pension insurance

年金保険とは、郵便局が取り扱う個人年金のこと。個人が郵便局と個別で契約する任意加入の私的年金。個人年金には貯蓄型と保険型とがあるが、年金保険は保険型である。1926年(大正15年)に郵政省が創設し、これが日本の個人年金の始まりとなった。本人(または家族)が自分の将来のために掛金を積立て、その積立金とその利子、さらに運用益を年金として受け取る。年金保険は、生命保険会社の個人年金保険に次いで加入者の多い個人年金となっている。