引当金

引当金とは、将来引かれると見込まれる特定の支出や損失に備えるために、企業が積み立てるお金のこと。

その事業年度かまたはそれ以前に発生の理由があり、将来に支払う可能性の高い費用や損失のうち、その金額が合理的に見積もることができる場合に、今期の決算で記載される項目のこと。貸借対照表上の負債の部、もしくは資産の部に計上される。

負債の部に計上される引当金は「負債性引当金」と呼ばれる。これらは現金などの引き渡しを通じて発生する費用または損失の計上による引当金である。具体的には、退職給与引当金や修繕引当金などが該当する。

一方で、現金以外の保有財産の目減りによる引当金は「評価性引当金」という。こちらは資産の部のマイナス項目として計上され、貸倒引当金などが該当する。