役員報酬

【 役員賞与 】 役員給与

役員報酬とは、企業の取締役に報酬として支払われる金銭のこと。税務上、役員従業員は明確に区分されており、役員の個人的な利益と会社の利益とが結びつくことを防いでいる。役員の在任期間中に支給される毎月の報酬やボーナス損金に算入して、法人税の課税逃れの手段となる可能性があるため、役員給与として税務上の損金算入が厳しく制限されており、次の3つのいずれかに該当しなければ損金算入は認められない。

(1)1ヵ月以下の一定期間ごとに毎回同額が支給される定期同額給与 (2)税務署に事前に届出をし、所定の時期にあらかじめ定めた額を支給する事前届出賞与 (3)業務執行役員に対する利益連動給与で、有価証券報告書に記載されるなど一定の要件を満たすものとなっている。

2010年度より1億円以上の役員報酬は社会に公表することが義務付けられた。

なお、一般の正規社員の場合は給与アルバイトパートなどの非正規社員の場合は雑給として計上される。