慶弔見舞金

慶弔見舞金とは、従業員の祝い事や不幸に対し、企業が支給する見舞金のこと。慶弔見舞金の支給は、法定で義務づけられているものではなく、各企業がそれぞれ慶弔見舞金規定などの社内規定でルールや基準を定めている。

結婚祝いや出産祝い、死亡弔慰金のほか、傷病見舞金や災害見舞金など、様々な種類があり、本人だけでなく配偶者や家族の慶弔に対して支給されるものもある。事業主が支給する以外に、あらかじめ設立されている互助会や共済会が支給を行うケースも存在する。なお、支給額について共通の基準は存在しないが、世間の相場や社内での慣例で決められる場合が多い。

慶弔見舞金は一般的には給与としては支給されず、福利厚生費として損金に参入できる。ただし、損金として処理するには、慶弔見舞金規定などの支給根拠や支給額の合理性が必要となる。