戦略的アライアンス

【 戦略的同盟 】

戦略的アライアンスとは、戦略的な目標を共有する企業間で協力関係を結ぶこと。これにより自社の限られた経営資源のみならず、他社の経営資源も含め相互に有効活用することが期待される。同時に、新製品開発や新たな流通経路の構築などに伴うリスクを減らすことも期待できる。

この戦略的アライアンスは垂直的と水平的の二つに大別される。まず、垂直的アライアンスは原材料や部品を提供するサプライヤーから、製品化するメーカー、それを流通する業者といった消費者に至るまでに関わる企業同士が提携することを意味する。

次に、水平的アライアンスは一般的に同業の競合企業同士が提携することを意味する。そしてそれにより互いの強みを生かしあうことを目的とする。ただし、異なる業界の企業が提携することもある。また、これらの戦略的アライアンスは国内企業に限定されず、外国企業との提携も含まれる。ただし、異なる企業が提携することで混乱を招かないためにも、役割分担の明確化や対等な利益やリスク負担、さらには互いの企業文化への理解といったものに注意する必要があるといえる。