投資ラウンド

投資ラウンドとは、ベンチャーキャピタルベンチャー企業に対して、投資をする段階のこと。米国のコンピューター関連企業が集結しているシリコンバレーで事業を始めたばかりの企業に対して、段階を追った投資ラウンドがなされる。

シードステージの会社への投資であれば、シードラウンド、ベンチャーキャピタルが参加した最初の段階をシリーズA、次の段階をシリーズBというように段階を追って、投資ラウンドが繰り返される。シリーズはD、場合によってはEまである。

投資した企業が、投資後に価値を下げ、次の投資ラウンドで投資額が下がることをダウンラウンドといい、ベンチャーキャピタルにとっては望ましくない状態にある。