振替口座簿

振替口座簿とは、投資信託のシステム上の口座のこと。2007年1月に投資信託振替制度が導入され、受益証券をなくし投資信託の情報をコンピューターシステム上に置くことになった。投資家は投資信託の設定、解約、償還、販売会社移管、質権設定などを全てコンピューター端末で操作することになっている。