損害保険登録鑑定人

【 鑑定人 】

損害保険登録鑑定人とは、損害保険会社に委託されて、損害保険の対象となっている建物や動産の損害額の算定や保険価額の評価、原因の調査などの業務を行う職業のこと。単に「鑑定人」とも呼ばれる。損害保険登録鑑定人となるには、社団法人日本損害保険協会が実施する鑑定人試験に合格し、同協会に登録する必要がある。なお、資格を持っていない者でも、損害保険会社から委託を受ければ鑑定業務を行うことは可能である。

鑑定人の主な業務は、損害保険会社と被保険者の間で、中立な立場で公正な損害額の算定を行うことである。火災事故や自然災害で被害を受けた財産の被害状況を調査し、損害額を算定して鑑定書を作成する。鑑定人が作成した鑑定書にもとづいて保険金が支払われる。また、保険契約締結時には、保険価額の評価も行う。鑑定人が調査する財産は建物、家財、商品、機械など多岐にわたる。ただし、自動車や大型船舶、航空機は含まれない。

鑑定人の資格には1級、2級、3級という3つのランクがある。下位の資格を取得してからでないと上位の試験を受けられず、まずは3級から取得していく。なお、1級の資格を持っていて、かつ建築士、ボイラー技士、電気主任技術者などの公的資格を取得している場合、専門鑑定人として登録できる。