暫定予算

暫定予算とは、予算編成の遅れや、国会の審議が進まなかったことが原因で新年度までに本予算が成立しなかった時に、財政法にもとづいて、本予算が成立するまでの期間のつなぎとして組まれる予算のこと。本予算成立までの期間の必要経費だけを計上する。

議会の議決がなければ予算を執行することができないため、予算は新年度が始まる前に国会の承認を受けて成立するのが原則である。新年度までに予算が成立しなかった場合、予算の空白期間が生じて行政機能が停止してしまう。そうした空白を回避するために、財政法で暫定予算の編成が認められている。暫定予算では、公務員の人件費や事務経費等の必要最低限の経費だけが計上され、公共事業費等の大規模な経費は計上されない。なお、暫定予算は本予算が成立すると、本予算に吸収される。