暫定税率

暫定税率とは、本来の税率に対して暫定的に加算された税率のこと。揮発油税、軽油取引税、地方揮発油税自動車取得税自動車重量税などに適用されている。揮発油税を例に見てみると、本来の税率が1リットルにつき24.3円なのに対して、暫定税率が適用されていることで、1リットルにつき48.6円となっている。

文字通り暫定的な税率であったが、租税特別措置法の改正による期間延長が重ねられて継続されてきた。暫定税率は2008年3月31日に一旦期限が切れたが、1ヶ月後の2009年5月に復活した。

暫定税率の次の期限は2018年度までとなっているが、2009年9月に政権が自民党から民主党に移り、暫定税率の廃止が検討されている。