最終仕入原価法

【 最終取得原価法 】

最終仕入原価法とは、棚卸資産の評価方法のうち、原価法のひとつ。期末にもっとも近いときの取得価額を採用する方法。比較的事務処理に手間がかからないのが特徴。

最終仕入原価法は税法では認められているが、企業会計の原則では正しい評価方法として認められていないため、有価証券報告書を作成する上場企業では採用できない。