未収収益

未収収益とは、勘定科目で用いられる流動資産の部の仕訳のひとつで、本業以外の継続的に役務を提供する契約にて生ずる、営業外収益の未収分を計上する科目のこと。「含み損益」あるいは「評価損益」とならぶ未実現損益のひとつでもある。サービス契約途中で決算をはさんでいる場合、サービスを提供した部分については未入金でも収益を計上するためにある。賃貸契約における賃料の未収分や、債権定期預金などの未収の受取利息、未収の手数料などがこれに該当する。計上する場合は、期末日までの経過日数に応じて日割りや月割りにて未収入分を計算することになる。通常の取引上発生したもので、売掛金以外を計上する未収入金とは分けて計上されるので、仕訳には要注意である。また、未収収益とは逆に賃料などを前払いで受け取っている場合は前受収益という勘定科目に該当する。